便利屋ほほえみ|家事代行・ハウスクリーニング・高齢者、介護必要度が高い方の介護サービス|江戸川区・葛飾区・江東区

初回のご依頼30分(1,000円)は無料!家事代行や、お子様のお世話や高齢者の介護、ペットのお世話まで便利屋ほほえみにお任せ!

ホーム便利屋ほほえみブログ ≫ 物流ブラック企業・パワハラ ≫

物流ブラック企業・パワハラ

先輩は週5日で毎日4往復しているので、1日に13時間以上働きます。
還暦を過ぎていますが、13時間以上働いて休憩時間はありません。
日に日に病的に痩せていく姿を見ていましたが、私は先輩から受けた仕打ちを忘れていません。

「会社から俺1人で働きすぎだと注意されたから、何とかしなきゃいけないんだよね」

私は耳を疑いました。
会議の時は誰よりも早く作業が出来ると会社にアピールし、先輩は積極的に大変なルートを選択しました。

どんな結論がでても会社はドライバーには無関心です。
その会社が、こんなことを言うはずがありません。

会社は会社に損害がなければ、誰が過労死しようが関係ないというスタンスです。
新人の私でもわかる嘘を、迫真の演技で部下に仕事を押し付けてきます。

完全なパワーハラスメントにより、我々は理不尽に納品数を増やされることになりました。

この決定により先輩を3往復で終わらせるために、載せきれない商品は別のドライバーが少数でも、わざわざルートにない店に立ち寄る必要があります。

納品商品が僅か5個のために、20キロ以上も走ることも多くありました。
特に私は新人で、数量の少ないコースということもあり、他の先輩からも頼まれ誰よりも走行距離が増えました。

帰宅時間がおそくなり本当に納得いきませんが、まだ仕事が遅いことも事実。
ドライバーの中では、早く仕事ができる人が優秀だという認識が強くありました。

そこで私は考えました。誰よりもスピーディーに仕事を終わらせれば、多少の意見が通るのではないかと。

その日から試行錯誤の連続でした。
効率のよい動きや、裏道の開拓。納品時に早く降ろせるように積み込みから熟考します。

ただ、商品破損だけは気をつけねばなりません。
どんなに早くとも、実費負担をしては意味がありませんから。

数か月が経ち、ようやく努力が実を結び、ウチの会社の中では1番早く作業ができるようになります。

若手は私1人なので当然といえば当然なんですが、少し鼻が高い気分でした。
考えてみれば、この時が最も楽しかった時でした。
目標を持つことの重要性を再確認した思いです。

キツイだけの毎日の中にも小さな目標をみつけながら、なんとか仕事をこなしていましたが、天気予報から最悪の知らせを受けます。
それは平成26年の豪雪です。
 
2020年08月14日 20:15

コメント一覧

  • 投稿されたコメントはありません

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文