便利屋ほほえみ|家事代行・ハウスクリーニング・高齢者、介護必要度が高い方の介護サービス|江戸川区・葛飾区・江東区

初回のご依頼30分(1,000円)は無料!家事代行や、お子様のお世話や高齢者の介護、ペットのお世話まで便利屋ほほえみにお任せ!

ホーム便利屋ほほえみブログ ≫ 高齢者詐欺・詐欺的な迷路についての解答 ≫

高齢者詐欺・詐欺的な迷路についての解答

頭の中で迷路をイメージすると、いわゆる普通の迷路の形が出てくる。
だが具体的に説明するとなると、言葉にするのが難しい。
数秒考えた私は、形を指で空間に描いた。
山口は、なんだそりゃ、と言って吹き出した。

いいか、我々の仕事は受話器を通して相手に説明するのが仕事だ。
そして、いかに言葉という武器を使って、相手にリアルなイメージを脳内に届けられるのかが勝負なんだ。
今の指の動きを見ても、誰も何もわからない。
山口は、そう断言する。

話を戻そう。迷路の話題だったな。迷路とは、入り口があって出口があるものだ。
聞けば当たり前のことだが、なるほどと思う。
どんなに複雑に入り組んでいても、必ず入り口と出口はある。

人間も同じなんだ。山口は真顔で私に視線を送る。
これを継続会員に当てはめよう。最初は怒りだ。しかも、烈火のごとくな怒りだな。
怒りが入り口なのは鉄板だ、では次はどの道を通るんだ?
通るも何も、怒り狂ってガチャ切りする客も多くいる。
とにかく終始怒りのみで道順などない。

それじゃあダメ。全然ダメ。山口は、かぶりを振ります。
迷路の道順を描くのも、行先を決めるのも君なんだ。君でなきゃダメなんだ。

会員は確実に辞めると固く決めたが、ストレスを発散しないと気が済まない。
この怒りの感情が入り口になり、道順を会員が決めているようで、実はすべて君が出口まで誘導している。
この図式に変換させるには、まず怒りが収まるまで待つ。
一生怒ってられる人間など存在しない。絶対に怒りは収まる。

勝負はそこからなんだが、勝負に行くまでに相手の気持ちに寄り添うことが重要だ。
場合によっては、ウチの批判をしてでも寄り添え。徹底的に。

そしてタイミングを見て、私はアナタの味方だ。と、ここで主導権を握る。
出口(継続)まで導く番だ。
今までの君は後ろめたさがあり、迷路の入り口から出口までの道順を客に決めさせていた。
これでは望んだ出口まで導けない。

なんとなく、わかったような気がするが、山口の言い回しは難解で、実践するのは難しい。
無意識に思いが顔に張り付いていたのか、山口から疑似練習するか?と提案をうけた。
今回はどんな山口語録が飛び出すのか、僅かな期待を抱きつつ疑似練習をすることとなった。
 
2020年09月03日 21:07

コメント一覧

  • 投稿されたコメントはありません

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文