便利屋ほほえみ|家事代行・ハウスクリーニング・高齢者、介護必要度が高い方の介護サービス|江戸川区・葛飾区・江東区

初回のご依頼30分(1,000円)は無料!家事代行や、お子様のお世話や高齢者の介護、ペットのお世話まで便利屋ほほえみにお任せ!

ホーム便利屋ほほえみブログ ≫ 便利屋ほほえみの仕事(近隣トラブル編) ≫

便利屋ほほえみの仕事(近隣トラブル編)

今回は近隣トラブルについて、ご紹介したいと思います。
一言に近隣トラブルといっても、無数にトラブルが存在します。
実際に弊社にも依頼が多く寄せられました。例えば近隣の生活音がうるさいので、クレームを入れてくれ。などです。

確かに、眠れないほどの音を出されたら迷惑でしかありません。
クレームを入れたい気持ちもよくわかります。
ですが、クレームの入れ方を間違えると凄惨な事件に繋がる場合もありますので、注意が必要です。


HORIZON_0001_BURST20201028164237099_COVER_コピー
それでは、本日依頼を受けた近隣トラブルをご紹介致します。

右側の木が大きく育ち、敷地を越えて隣の家にまで達しています。
この木々の中には琵琶の木も含まれていますので、カラスなどが食べ散らかして困っていました。
依頼は、この多くの木を切ってほしいというものです。

単に木を切るのならば喜んで切りますが、隣の敷地に生えた木なら話は別です。
私は隣に住む方に許可を得たのかなど、率直に疑問を投げかけました。
すると依頼者からは、驚きの事実が告げられました。

「隣の人は15年くらい住んでいない」
「木が伸びてきたら、息子が毎回勝手に切っていた」

つまり、無人の民家の敷地に木々が生い茂り、成長した木が近隣に迷惑をかけているのです。
そして無断で他人の敷地に入り、木を切っていたのでした。

便利屋ほほえみでは、当たり前の話ですが法令を遵守したうえでの作業をさせて頂いております。
今回の依頼をストレートに受けるわけにはいきません。
他人の敷地に無断で入れませんし、敷地内にあるものは基本的に所有物となり、木も例外なく所有物になるからです。
しかし、伸びた木が敷地を越えることは民法では認められておりません。
弊社は便利屋であり、法律家ではありません。判例などの詳細がわからないので、どのように依頼を受けるべきか悩みました。

私が出した答えは、まずは行政で色々と調べたいというものでした。
所有者がわかれば許可を得て、堂々と侵入して自由に木が切れますし、もし亡くなっている場合でも行政ならば何らかの許可が出る可能性もあります。
冒頭で書きましたが、近隣トラブルは慎重に対応する必要があります。
正式な許可があれば、今後の迷惑は確実に解消されるのです。

この続きは、行政の解答があってから掲載させて頂きます。
木のトラブルは多いと聞きますので、ご覧の皆様の便利に活用して頂ければ幸いです。
2020年10月28日 21:08

コメント一覧

  • 投稿されたコメントはありません

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文