便利屋ほほえみ|家事代行・ハウスクリーニング・高齢者、介護必要度が高い方の介護サービス|江戸川区・葛飾区・江東区

初回のご依頼30分(1,000円)は無料!家事代行や、お子様のお世話や高齢者の介護、ペットのお世話まで便利屋ほほえみにお任せ!

ホーム便利屋ほほえみブログ ≫ 便利屋ほほえみの仕事(屋台のラーメン屋・開始まで) ≫

便利屋ほほえみの仕事(屋台のラーメン屋・開始まで)

長く依頼を受けてきましたが、まさか屋台でラーメンを作るとは思いませんでした。
屋台の大将が腰を痛めたので、代わりに屋台を切り盛りしてほしいとのこと。
ご覧の皆様には始めにお伝え致します。
かなりの諸事情があり、写真を含む詳細は一切掲載できません。

でも屋台の裏側に興味はありませんか?
屋台のラーメン屋について、便利屋ブログとしては世界で一番詳しく記事にできると確信しております。
もちろん、ここに記載されたことが全ての屋台のラーメン屋の実態ではありません。
これだけは強くお伝え致します。

この屋台のメニューは、ラーメン、おでん、酒類の提供となります。
営業開始は18時ですが、仕込みは9時から始まりました。
まずは行きつけの鶏肉屋で、顔以外の部位の鶏肉を仕入れます。
次に肉屋でチャーシュー用の豚肉を買います。この豚肉は3キロ程度の豚肉で、紐できつく縛られていました。
次に近所のスーパーで、おでんのタネや、スープの素を買い、にんにく、シイタケ、野菜類を仕入れます。

屋台用に改造された軽トラに設置された40リットル程の寸胴に、7分目くらいまで水を入れます。
そこに鶏肉、チャーシュー用の豚肉、にんにく、シイタケ、野菜を入れて弱火で蓋をします。
次は、おでんの仕込みです。購入したおでんのタネを容器に入れてから、スープの素と日本酒を適量入れて、こちらも弱火で蓋をします。
水量を気にしながら、約7時間煮込みます。

16時頃、チャーシュー用の豚肉を取り出し、薄くスライスします。
アイスボックスにアルコール類を詰め込むのも忘れません。
そしてトッピング用の食材を整理してから、どんぶりやコップなどの確認をしてから出発です。
営業場所に行く前にも、様々な準備があります。
提供するラーメンの味は、醤油、味噌、塩の3種類です。このスープの素を仕入れます。
次はガソリンスタンドです。屋台を装飾する発電機に必要の軽油を満タンにします。
最後に、公園での水汲みです。飲食店では必須の水を大量に汲んでいきます。

現場に着くと、簡易的な雨除けや丸椅子とテーブルを置き、タライに水を入れて客から見えない場所に置いたら営業開始です。
一般的な飲食店とは違い、開始時間などは、すべてにおいてザックリでした。
2020年11月14日 20:00

コメント一覧

  • 投稿されたコメントはありません

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文