便利屋ほほえみ|家事代行・ハウスクリーニング・高齢者、介護必要度が高い方の介護サービス|江戸川区・葛飾区・江東区

初回のご依頼30分(1,000円)は無料!家事代行や、お子様のお世話や高齢者の介護、ペットのお世話まで便利屋ほほえみにお任せ!

ホーム便利屋ほほえみブログ ≫ 便利屋ほほえみ的、懐かしく悲しいニュース ≫

便利屋ほほえみ的、懐かしく悲しいニュース

便利屋ほほえみブログをご覧の皆様は、知らない方が多いと思いますが、ラジオ文化放送で3時から5時まで放送していた『走れ歌謡曲』が2021年3月27日で放送終了となるのです。

なんだそりゃ?と思う方が、やはり多いと思います。
例えば『ポンキッキ』『サザエさん』『ドラゴンボール』『名探偵コナン』など、思春期頃に見始めたものが大人になっても、長年続いている作品がありますよね。
この『走れ歌謡曲』も同様の作品なんです。

続いた期間が長ければ長いほど、思い入れも強くなるものですよね。
『走れ歌謡曲』は、なんと52年もの長きにわたって放送された番組なんです。
パーソナリティーは、美空ひばりや坂本冬美などの大物歌手がしていた経歴もあります。

私は52年も生きていませんが、便利屋ほほえみを始めるきっかけになった番組でもあるんです。
深夜にトラックを運転していると、友達がラジオになりがちなんです。
ブラック企業で、暗闇の中、孤独に作業している時に、青春時代に聞いていた曲がフルで流れたり、一切否定しないパーソナリティーの明るい声。もちろん渋滞情報や社会情勢なども伝えてくれました。
何よりも嬉しかったのは、放送はトラックドライバー目線なんです。
これは、日野自動車がトラックドライバーを応援するために放送を開始したからです。

3時から5時までと、かなり深い時間での放送でしたが、当時の私には真昼の時間帯です。
軽い休憩をしながら放送を聞き、便利屋ほほえみの構想を練ったものです。
突然の報告に、驚きと悲しさが溢れました。
しかし、始まりがあれば終わりがあることは当然なんですよね。
わかってはいますが、普段の日常では終わりを想定して過ごすのは難しいことです。

便利屋ほほえみブログをご覧の皆様も、興味があれば一度聞いてみて下さい。
かなりポジティブな放送なので、活力が注入されると思います。
時間的に無理な方は『ラジコアプリ』もあるので、時間を気にせずに聞くことができます。
2020年11月19日 19:42

コメント一覧

  • 投稿されたコメントはありません

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文