便利屋ほほえみ|家事代行・ハウスクリーニング・高齢者、介護必要度が高い方の介護サービス|江戸川区・葛飾区・江東区

初回のご依頼30分(1,000円)は無料!家事代行や、お子様のお世話や高齢者の介護、ペットのお世話まで便利屋ほほえみにお任せ!

ホーム便利屋ほほえみブログ ≫ 便利屋ほほえみの仕事(続・騒音トラブル) ≫

便利屋ほほえみの仕事(続・騒音トラブル)

今回は、2020年11月11日に掲載した『騒音トラブル』の続編となります。
まずは前回の記事を読んでいないかたの為に、簡単におさらいさせて頂きます。

場所は、江戸川区小岩エリアから少し離れた5階建てのマンションとなります。
毎夜0時から3時頃の間に、ひどい騒音がして寝ることが出来ないという依頼でした。もちろん該当時間以外にも、嫌がらせのように深夜になると騒音は続くと言います。
騒音は、一般的にいう生活音とは異なり、大きく重い物を床に落とすような重低音と振動。何かの金属を擦り合わせたような高音の2種類が、主な騒音原因となります。

依頼者は、この騒音により転職を余儀なくされ、現在は引っ越しまで検討しています。
しかし、このまま泣き寝入りしたくはない。なんとか騒音を出している部屋を特定し、一言文句や静かにしてほしいと伝えたいと言います。
前回の依頼から現在まで、自室から音のする場所を検証したり、怪しい部屋に当たりをつけてドアに耳をつけて直接聞いたりと、可能な範囲で努力してきた依頼者。
そしてついに、およその騒音部屋が特定できたとの報告があり、便利屋ほほえみが再び出動させて頂きました。

依頼者とは本格的に騒音がする0時前に、マンションの入り口で待ち合わせしました。
我々は1階から上層階へ非常階段を使って移動します。
マンションを移動するには、1基だけあるエレベーターと非常階段のみです。そして1階部分に部屋はありません。
私は、もっとも怪しい3階にある部屋のドアに耳をあて、来るべき時を待ちました。
依頼者は、4階と5階の怪しい部屋を交互に行き来してドアに耳をあてます。

ここで、依頼者との打ち合わせ内容をお伝えします。
①該当する騒音が聞こえたら上層階にいる依頼者に報告をし、指示を受ける。
②もし該当部屋から入居者が出てきた場合は、隣人のフリをして何も言わずに出口に行き、依頼者にスマホで連絡をする。
③エレベーターや非常階段から他人が来た場合も、②と同様にドアから離れて出口に行く。

この打ち合わせは、私の身の安全に対する配慮と依頼者が身バレしないためです。
なにせ相手は常識外の騒音を撒き散らす人物です。双方の自己防衛も大事な要素になります。

私が該当部屋のドアに耳をあててから、およそ15分。非常階段から足音がしたので即座に歩きだすと依頼者でした。
特に物音がしないと伝え、再びドアに耳をあてます。さらに15分ほどすると外にある給湯器が作動する音が真横からしました。
室内には確実に人がいるのだろう。

さらに15分ほどすると、非常階段から物音がしました。
また依頼者だろうと思うも、念のためドアから耳を離して移動します。
対面する人物は、依頼者ではなかった。
年齢にして20代前半くらいの男性。筋肉質で恰幅が良い。身長は175cmくらいだろうか。
グレーのマスクをしているので、全体の顔はわからないが、大きめのドングリのような目を確認した。

ここまでが対面してわかった情報だが、すれ違ってから圧倒的な違和感を覚えた。
まさか・・・と思い振り返ると、私の目に尻が映りました。生の尻です。
その人物は、下半身を露出しているのです。ズボンの類を履いていません。

相手からすれば私も不審者でしょう。相手も振り返り私と目が合いました。
彼は恥ずかしがる様子もなく、堂々と私を見てきます。
私の背筋に悪寒が走り、依頼者との打ち合わせ通りに非常階段からマンションの外に出たことをスマホで依頼者に伝えました。

外で依頼者と落ち合い、私は数分前の出来事を伝えると、部屋のない1階近くの非常階段で拾ったと依頼者が電気代金の支払い票を私に見せました。
私は、少し焦って階段を駆け下りたようで気が付かなかったのですが、確かに該当マンション名と3階の号室と名前が記載されています。
思い返しますが、我々が1階から上った時には支払い票は存在しませんでした。

1階はオートロックで、基本的に入居者以外は出入りできません。
3階にいた私は、依頼者と下半身露出男以外に非常階段を使った人を見ていません。
依頼者によると、エレベーターの使用形跡も見当たりません。
このような状況で、どこから男は現れたのでしょうか。
まさか路上で下半身を存分に露出してから、自室に帰ってきたのでしょうか。
様々な考えを巡らせますが、想像の域を出ません。

結局、騒音場所の特定はできませんでしたし、依頼者の思いを相手に伝えることができませんでしたが、下半身を露出して平気でいられる人が関係者にいるという事実が確認され、依頼者は引っ越しを決めたようです。

ある意味、異常者が住むかもしれないマンションから離れるのは当然でしょう。
これで依頼が終了することを祈るばかりですが、事実は小説より奇なりとも言います。
もし、これよりも先があれば報告したいと思います。
2021年04月16日 18:58

コメント一覧

  • 投稿されたコメントはありません

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文